banner

抱える問題点

フランチャイズの形態が抱える問題点

フランチャイズは、今日では事業を拡大する有用な手段の一つとして認められています。
コンビニエンスストアのような小売店や、レストランのような飲食業、場合によっては様々なサービス業もフランチャイズによる事業拡大が行われています。
しかし、これだけ浸透してきたフランチャイズですが、そこにはまだまだ多くの問題が存在しているといわざるを得ません。
まず、店舗を実際に運営するフランチャイジーが、統括本部となるフランチャイザーによって様々な点で制限をかけられ、フランチャイジー独自のアイデアを使うことが出来なくなっている点です。
フランチャイザーがフランチャイジーに対して店舗の運営を依頼する際は、ほとんどの場合、営業方針や営業の手段などをマニュアルとして文面化し、事前に提示をしています。
フランチャイジーはこの提示されたマニュアルに従って店舗を運営することを求められるため、指定されていない商品を販売することが禁じられたり、販売する商品の価格を変えることなどが制限されてしまう場合があります。
場合によっては備品なども事前に指定されたものを使わなくてはならず、どれだけ便利で安い備品が登場してもフランチャイジーの意思だけで変更することは出来なくなり、店舗側のアイデアを生かした経営は難しくなります。
また、説明義務の面において問題はあります。
フランチャイズの形で新たに店舗を開く場合は、店舗運営の知識などに乏しい、いわゆる脱サラや主婦による店舗開店のケースが多々あります。
こういった人が店舗を開店する場合には事前の知識がないだけに、店舗運営に関するルールや法律などを説明することがフランチャイザーには求められます。
しかしながら、契約時にこういった事項の説明をなあなあにしてしまったり、フランチャイジーの理解が十分でないままに契約をしてしまうことによって後日、店舗運営に関するトラブルが発生するケースも多く発生しています。もちろんフランチャイズのメリットを十二分に活用できれば利益を生むことはできるかと思います。

Copyright(c) 2014 フランチャイズの問題点All Rights Reserved.